Alles hat ein Ende

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧




秋田県で大量の原油試掘に成功 資源大国日本 キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

1: ボンベイ(大阪府):2012/10/03(水) 11:11:35.07 ID:

国内初、秋田でシェールオイル採取成功 石油資源開発
2012.10.3 10:56


 資源開発大手の石油資源開発は3日、秋田県由利本荘市の鮎川油ガス田の地下約1800メートルから、岩盤に含まれる
新型の原油「シェールオイル」の試験採取に成功した。シェールオイルの生産に向け、日本国内で取り出しに成功したのは初めて。

 シェールオイルは新たなエネルギー資源として米国では既に生産が本格化、世界的に注目されている。日本国内でも未開拓
資源の開発に弾みとなる可能性がある。

 シェールオイルは、シェール層と呼ばれる地中深くの岩盤に含まれ、これまでは技術的に採掘は困難だった。石油資源開発は
1日から、鮎川油ガス田で既に掘っていた油井を使用。深さ約1800メートルにある岩盤に塩酸などをポンプで送り込み、
原油が出る隙間をふさぐ石灰岩などを溶かし、原油を取り出すことに成功した。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/121003/trd12100310570003-n1.htm


キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!

8: メインクーン(東京都):2012/10/03(水) 11:14:34.13 ID:

埋蔵量は?

196: ヤマネコ(埼玉県):2012/10/03(水) 13:44:17.32 ID:

>>8

マックスで1億バレル 日本の一年間の原油消費量の約一ヶ月分

372: ギコ(富山県):2012/10/04(木) 18:35:02.52 ID:

>>196

しょぼーん

34: イエネコ(秋田県):2012/10/03(水) 11:22:38.69 ID:

そんなに出ないよ・・・。
秋田は変わらない・・・。
シェールオイルの採取って地震を起こす可能性があるって前に出てなかったっけ?

45: イリオモテヤマネコ(神奈川県):2012/10/03(水) 11:27:23.68 ID:

>>34

どういった理屈で地震起こるの?
誘発するのは恐いな

代わりに水ぶっ込んで地盤沈下抑えるとかアホな事やるとか聞いたことあるけど
そんなんでいいのかと

78: スコティッシュフォールド(チベット自治区):2012/10/03(水) 11:49:20.56 ID:

>>45

圧力かけて岩盤に液体流し込んでるので活断層に潤滑剤入れてるようなものらしく滑りやすくなる

60: ラ・パーマ(東京都):2012/10/03(水) 11:37:17.50 ID:

>>34

今更日本の地震が増えても変わらんよw
小型地震でプレートに係るエネルギーを発散してくれるなら
大震災の被害が減るからかえってありがたい

171: ノルウェージャンフォレストキャット (中国地方):2012/10/03(水) 13:06:18.82 ID:

>>34

たった1.8kmの深さで地震おきるかよw
震源って数10~100kmレベルだぞ
地盤沈下はありうるが

76: マーブルキャット(禿):2012/10/03(水) 11:47:03.56 ID:

ニュースでは埋蔵量は全体で年間使用量の一割程度だったような
ちょーすくねー

81: メインクーン(愛媛県):2012/10/03(水) 11:50:06.75 ID:

>>76

それでもいいじゃん

国内石油備蓄量としておいておけば、石油基地を増設したり維持管理する手間が省けるし

84: ヤマネコ(WiMAX):2012/10/03(水) 11:50:36.43 ID:

おいおい桃鉄の油田発見イベントか

367: ターキッシュバン(dion軍):2012/10/04(木) 18:29:02.35 ID:

>>84

あとはキングボンビーさえ誰かになすりつければ・・・

101: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2012/10/03(水) 11:58:40.66 ID:

試掘には成功したけど実用が本格化したら
水質・大気の環境汚染や処理の問題が
あるけど背に腹は変えられない
どんどん開発進めてちょ

112: ジョフロイネコ(catv?):2012/10/03(水) 12:16:31.37 ID:

藻から石油のやつは結局どうなったの?

265: ライオン(神奈川県):2012/10/03(水) 19:56:33.95 ID:

1億バレルを笑うものは1億バレルに泣く

270: ラガマフィン(京都府):2012/10/03(水) 20:14:17.81 ID:

>>265

逆に考えればアラブで石油危機が起きた時1年間石油代タダになると考えれば…
まぁ開発費とかでめちゃめちゃ掛かってるから損なんだろうけど

267: バーミーズ(WiMAX):2012/10/03(水) 19:58:32.42 ID:

秋田は数百万バレルが数十箇所に分散なのであくまで10年余りの実験場予定
本命は北海道のシェールであまり報じらていないけど現在調査中
他にも新潟などに有望株があり調査中

279: ボルネオヤマネコ(やわらか銀行):2012/10/03(水) 22:18:06.97 ID:

なんで一々騒ぐかね
埋蔵量も大した事ないのに

289: ブリティッシュショートヘア(愛媛県):2012/10/03(水) 23:13:18.82 ID:

>>279

採掘技術が確立すれば、他にも掘れる場所日本に有るかも知れないし、
日本でなくても、世界には有るのは分かってても採算取れなくて放置されてる砂まみれ油が有るかも知れない
そこへ日本の採掘技術を売り込む、もしくは採掘権を買う

293: バーミーズ(東京都):2012/10/03(水) 23:20:10.51 ID:

結局、石油ってなんなんよ。地球の中が冷えきらない限りは勝手に沸いてくるものな気がするけどなあ

296: しぃ(愛知県):2012/10/03(水) 23:27:55.28 ID:

>>293

古代の生き物の死骸が石油になる。
有機物の成れの果て。

アンダスタン?

299: バーミーズ(東京都):2012/10/03(水) 23:36:02.32 ID:

>>296

それは「有限」アピールしたい大人の事情だと思うんだよなあ
だって水より軽い油がどうやったらそんな一ヶ所に固まって沈んでいくんだよ

300: エキゾチックショートヘア(徳島県):2012/10/03(水) 23:39:51.19 ID:

>>299

なんだと?そのネタはまだ結論でてないの?25年ぐらい前に恐竜の死骸が石油になった説を
学校で教えられたんだが、さすがにねーわなぁ?とか思ってたんだがまだ結論出てないとな

301: バーミーズ(東京都):2012/10/03(水) 23:42:36.10 ID:

>>300

だって「地球の中が熱くて対流があるうちは出てきます」って結論でたら価格暴落するでしょ。
だから「古代生物の養分です」とかトンデモ理論で希少価値煽ってるんだと思うんだけど

307: マンクス(関東・甲信越):2012/10/04(木) 00:27:24.10 ID:

>>301
産油国の地理的特徴から化石であることが明らかなんじゃないの?
マグマのように深部から沸き上がるものだったら、そもそも火山が油田火災みたいになってもおかしくないと思うし
火山地帯の日本は硫黄に恵まれてるけど炭素にゃ恵まれてない感じだし

309: バリニーズ(東京都):2012/10/04(木) 00:35:15.27 ID:

>>307

「火山から出てくるマグマとは関係が遠そうだ」となったとたんに「じゃあ生き物の死骸だ!」ってなるのは短絡的じゃないのかね
地層とか全世界で均一のわけないんだし、○○が××したら石油誕生、の条件はまだまだ考える余地があると思うんだけどな

329: マンクス(関東・甲信越):2012/10/04(木) 03:07:45.66 ID:

>>309
だから、生き物(微生物)の死骸が封じ込められて沈降したと考えられる土地から優先的に石油が出てきてるから死骸説がそれほどまでに有力視されてるんじゃないの?

原始地球の水素と炭素が(地表が冷えて固まる過程で)封じ込められた例も全くないわけじゃないだろうけど。


マントルの中に石油の素が混ざってるとしたら前述のとおりマグマより比重の軽い石油とそのガスがまっ先に火山(マントルの圧力弁)から吹き出すはずだし、火山が油田火災みたいにならないのは不自然すぎるし
冷えて固まったプレートに石油が封じ込められるとしても「プレートに石油が無限に供給され続ける」ほど地殻の対流も早くないだろうし

334: マンクス(西日本):2012/10/04(木) 03:45:31.51 ID:

>>309

マリンスノーとかの成れの果てだろ。
地層が出来上がってから、少しずつ石油に変化していったから
地下深くに閉じ込められてるわけだ。軽くても。
炭化水素だぜ?地中の岩石層がいったいどんな化学反応でそーなる?
宝石育ててるワケじゃねーんだし。どんな時間かかっても無理。
石炭は植物。石油は動物。この違いは多分細胞壁の有無。

あと、マントル云々とかってのも、どんだけ深いか知ってるか?
石油がいくら軽いからって、とてつもない厚さの地層を抜けて地表近くまで来れるわけねー。

353: 三毛(山口県):2012/10/04(木) 09:41:14.27 ID:

これが第一歩で、メタンハイドレードや海底油田の掘削に成功してくれ。
が、外国から買うより高くなったらどうすんだって感じもしなくもないが。

354: スペインオオヤマネコ(愛媛県):2012/10/04(木) 10:11:21.08 ID:

>>353

資源と技術を備蓄として温存しとく手もあるしな


[PR]



by joeyun | 2012-10-04 19:48 | ニュース

日銀が金融緩和しても給料上がらず…“あり余る資金”どう民間に流すかが問題

1: @@@ハリケーン@@@φ ★:2012/10/01(月) 22:51:29.95 ID:

■日銀が緩和をすれば全ての経済問題が解決するような指摘は幻想

9月19日に日本銀行は資産買入等の基金を70兆円程度から80兆円程度に10兆円程度増額
する金融緩和の強化を発表しました。その直前になりますが、欧州中央銀行(ECB)は
国債の無制限買い入れを、そして米連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和第3弾(QE3)
を決定していましたので、これで中央銀行が足並みをそろえた形となりました。逆に、
追加緩和をしなければ日銀バッシングが一層ひどくなったことでしょう。

これまでこのコラムでも、そして拙著でも取り上げてきましたが、日銀が緩和をすれば
全ての経済問題が解決するような指摘は幻想にすぎません。むしろ日銀を糾弾すること
ばかりに執心すると、本当に考えなくてはいけない、あるいは改善されなければならない
ような日本経済が抱える根本的な原因が霞んでしまいます。本質と違う部分をいくら
騒ぎ立ても問題はクリアできません。ピントがずれた批難であるからこそ、実際これまで
の十数年、日銀がいくら緩和をしても実態経済が改善してこなかったということを今一度
考えていただきたいと思います。

日銀だけでなく、どの中央銀行も資金を供給できるのは金融機関に対してだけです。
我々の銀行口座に直接お金を振り込んでくれるわけではありません。したがって、金融
機関から一般国民の口座に、あるいは企業の口座にお金が回っていかなければ、実態経済
に日銀の供給したお金は回ってはいかないのです。しつこいようですが、

(1)日本銀行→金融機関(緩和)


(2)金融機関→民間(貸出し)

という2ステップが踏まれて初めて、我々の元に日銀から供給された資金が実際に流れて
くるのです。この点については、認識が一般化されていないようなのであらためて指摘を
しておきます。今は(1)だけが行われた状況ですから、民間に資金が流れ出ていくわけでは
ありません。金融緩和をしただけですから、実体経済はバラ色にはならないのです。

2000年代、世界の中央銀行に先駆け大量の資金供給を実施していたのが日銀です。この点
については第5回で取り上げましたので、今一度目を通していただければと思います。

【コラム】岩本沙弓の"裏読み"世界診断 第5回 日銀は本当に"悪者"なのか? - 「何も
しない日銀」というバッシングの虚構

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/column/urayomi/020/index.html
(つづく)

2: @@@ハリケーン@@@φ ★:2012/10/01(月) 22:52:16.76 ID:

>>1
のつづき

■日銀が資金の大量供給をした2000年以降、給与は上がりましたか?

例えば日銀が資金の大量供給をした2000年以降皆さんの給与は上がったでしょうか。
あるいは景気が回復したでしょうか。一時期、海外が住宅バブルに沸いた時は日本の
株価も値上がりし、一部の輸出大企業などは好業績となったことがありました。しかし、
この間一般国民の給与水準は上昇しておらず、非正規労働や派遣切りの問題などが続いて
いたかと思います。もし仮に、日銀の資金供給がダイレクトに民間に流れ込んでいるの
だとすれば、世界に先駆けて大量の資金供給を実施したのですから、世界のトップに躍り
出るような好景気を日本は謳歌しなければおかしい。しかし、実際にはそんなことなど
全くなかったというのは皆さんの実体験から言えることかと思います。つまり、日銀が
緩和しただけでは、機能不全を起こしている日本経済の回復には至らないのです。

日銀が緩和をしてもなぜ日本の景気は回復しなかったのか、なぜ我々の生活は楽になら
なかったのか。それは(2)の部分が滞ってしまっているためです。本来であれば、日銀が
供給した資金は金融機関からの貸出しなどを通じて企業などに流れることになります。
企業はその資金で設備投資を行えば、例えば工場を立てる建設業が潤います。新しい工場
で働いてくれる人を雇ってくれれば、雇用者へ給与が支払われます。(1)から(2)へと
セットになることによって初めて、日銀からの資金が実体経済に回っていくことになるのです。

ところが、実際には金融機関はここ10数年、貸し出しを抑制したままです。その原因と
しては長らく続く不況により、貸出ししても大丈夫と思えるような企業の選定の目が
非常に厳しくなったということがあげられます。体力のある大企業であれば融資はします
が、こうした企業は内部留保、すなわち企業内に溜まった収益がたっぷりとありますから
、あらためて金融機関から資金を借りる必要はありません。景気の先行きが不安なため
設備投資も雇用も手控えたままです。

逆に、資金の供給を切実に願う中小や零細企業などには貸し渋り、貸し剥がしなどが
横行したこともありました。結局、民間にお金が回らないまま、日銀から供給された
資金は金融機関の口座に溜まる一方となりました。これを金融業界では通称「ブタ積み」
と呼んでいます。(豚には申し訳ない限りですが、無駄な資金の積み上げ、という意味で
使っています。)

■予定の金額を供給できない"札割れ"が日常化、銀行は「もう資金は要らない」

さて実際に資金を日銀が金融機関に供給する場合には固定金利オペレーションを実施
します。具体的には金融機関が保有する国債などを日銀が買い入れるかわりに資金供給を
行うというものですが、これまで応札額が入札予定額に満たない「札割れ」が頻発して
きました。例えば、今年の8月1日時点で日銀は国債買い入れの入札額を8000億円と提示
しましたが、それに対して手持ちの国債を差し出して資金を借り入れるという応札に応じ
た金融機関が少なく、結局金額としては3083億円分にしかならなかったのです。予定の
金額を供給できないのが「札割れ」の状況です。そして、こうした札割れは日常化して
おり、従来よりも1兆6000億円と倍増した8月31日からは、9月4、5、7、11、13日までの
6回、連続して札割れとなったことが伝えられました。

(つづく)

4: @@@ハリケーン@@@φ ★:2012/10/01(月) 22:53:13.09 ID:

>>2
のつづき

「札割れが起こっているということは、金融機関に十分な資金が既に行き渡っているため
、金融機関がオペレーションに全額は応じようとしなくなる」、それほど「日本銀行が
豊富に資金供給を行っていることを意味します」、日銀のHPの札割れの説明でもそう
指摘がされています。つまり、金融機関も目ぼしい融資先も民間にもないので、いくら
緩和を強化してくれても、もう資金は要らないというような状態になっているのです。

問題は日銀の緩和そのものではなく、既にあり余るほど供給された資金をどう民間へ、
実体経済へと流していくか、という点です。これは融資の枠をより広げるような法的な
整備をする、財政を出動させて政府が代わりにお金を使うようにする、という部分です
から、日銀の専管事項ではありません。

実体経済に流れて行くはずの水門をせき止めておいて、いくらお金を供給したところでも
ダムに水が溜まるだけです。日銀を非難しても水門は開放されません。開放される方法を
考えて行動に移すのは政治家や政府の側です。こちらに焦点を充てなければいつまでたっ
ても、いくら大量に資金供給をしても日本経済は好転しないのはこれまでの経緯が雄弁に
物語っています。

執筆者プロフィール : 岩本 沙弓(いわもと さゆみ)
金融コンサルタント・経済評論家・大坂経済大学 経営学部 客員教授。1991年より日・加
・豪の金融機関にてヴァイス・プレジデントとして外国為替、短期金融市場取引を中心に
トレーディング業務に従事。銀行在職中、青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程
修了。日本経済新聞社発行のニューズレターに7年間、為替見通しを執筆。国際金融専門誌
『ユーロマネー誌』のアンケートで為替予想部門の優秀ディーラーに選出。主な著書に
『新・マネー敗戦』(文春新書)、『マネーの動きで見抜く国際情勢』(PHPビジネス
新書)、『世界恐慌への序章 最後のバブルがやってくる それでも日本が生き残る理由』
(集英社)など。新著『世界のお金は日本を目指す~日本経済が破綻しないこれだけの理由~』
(徳間書店)が発売された。

-以上-

23: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:10:58.01 ID:

>>1

だから今の貸し出しを通じた信用創造システムは崩壊したのだから、
潔く直線的に、国有資産を担保にして、政府紙幣を発行して
定額給付金を国民にばら撒けばいい。今後消費税を10%以上に上げるのだから
所得控除の低減税率の一環としてばら撒けばいいだろう

34: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:18:50.82 ID:

>>1
の(1)と(2)の間には
「デフレで民間がため込んだお金が動く」
ってのが入る

142: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 05:22:18.12 ID:

>>1

需要が必要だから公共事業が必要なんだよ
今は復興に金がかかるはずなのに金余りってなんだよ
被災地の復興にちゃんと金を注ぎ込めよ

6: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 22:57:47.55 ID:

政府が使えば民間もそれに倣う。
緊縮財政などと言う我慢自慢をしている場合じゃない。

10: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 22:58:44.34 ID:

金融緩和して円安になるだけでもいいだろ
円安になると中国、韓国、アメリカは困るだろうが

15: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:05:38.42 ID:

リーマンショック以降日本に比べ
EUは1.9倍
アメリカは3.0倍
お金刷ってるんだよ

まだまだ金融緩和が足りない
最低でもあと100兆円以上は刷らないと
日銀不況と言われても仕方がないよ

18: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:07:02.07 ID:

日銀の緩和に反対だ。お札をすりまくるとハイパーインフレになる。

24: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:12:45.95 ID:

>>18

ないない。
カネさえ刷れば全てOKというわけじゃないが、今は刷らな過ぎるからおかしくなっている。

ただし、金を刷るだけしかやらなかった場合は、1970年前後の狂乱物価(オイルショックのせいじゃないよ!)
1990年前後のバブル(土地と株のインフレ)、2004年前後のアメリカのバブル&円安(日本国民に恩恵なし)、
みたいな結果に終わる。

39: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:20:52.93 ID:

サラ金規制の撤廃あるいは、緩和
これで末端にも金が回る

50: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:35:24.44 ID:

>>39

逆転の発想ですな。
末端が逆転するための、資金を持つことも
今、規制されてるんだね
這い上がるチャンスをつかむ人が多くなれば、経済は流れ出すかもね
単に借金した金は流通する可能性が大な訳だしね

58: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:45:12.77 ID:

毎年全国民に10万円ずつ配れば良くね?
今までは1回こっきりで1万円とかチマチマやってるから
貯蓄に回ってた訳だし
毎年続けば普通に消費に回るでしょ

69: 名刺は切らしておりまして:2012/10/01(月) 23:59:33.97 ID:

>>58

同感だ
麻生さんを財務大臣にして、
国有資産を担保に、政府紙幣を発行して、
定額給付金を配って欲しい。
名目は消費税増税に伴う、低所得者の負担の軽減策だといえばいい

84: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 00:36:27.01 ID:

その金で10倍くらいのピラミッドでも建設すれば。
2000年くらい続く、いい観光資源になるよ。
一人で自営やってるけど、
銀行を肥えさせるだけの、今の金融システムで
銀行から金は借りれんわ。
そのおかげで牛歩みたいな経営戦略しかとれんけど。

89: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 01:17:35.02 ID:

>>84

>その金で10倍くらいのピラミッドでも建設すれば。

2000年後まで経済効果がない公共事業じゃ割に合わない。
なので、公共投資の名のもとにハコモノや道路を作ってきたがこれも割に合わなくなってきた。
そこで、今は自然エネルギー投資に補助金付けてる。こいつはこれからエネルギー輸入量を減らすと言うリターンがあるからね。

90: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 01:20:47.53 ID:

>>89

でも儲かるのは少数の「再生エネルギー村」の住人だけで、
庶民は電気代から税金を払わないといけない。

97: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 02:09:30.19 ID:

>>90

たかが数百円の電気代上昇で庶民はどうこう言われても(苦笑)
産油国の王族の皆さんに献金するよりよっぽどマシです。

146: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 06:33:18.97 ID:

相対的に円の価値が高すぎるんだよ
角栄方式で公務員にばら撒くか公共事業無理やり増やすか
政府に渡してしまえ

148: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 06:36:28.61 ID:

>>146

ガソリンや金価格を見ろ、円は高くない
ドルの価値が暴落しているだけ
つまりアメリカの経済力が衰退している

152: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 07:22:42.27 ID:

>>148

そういうのあんまり意味無いw
つーかまた円高になるぞw

156: 名刺は切らしておりまして:2012/10/02(火) 07:46:06.27 ID:

>>152

今は、円高よりも資源高の方が勝っている。
つまり、今はデフレと資源高のスタグフレが起きている状態


[PR]



by joeyun | 2012-10-02 10:19 | ニュース
Alles hat ein Ende
by joeyun
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

秋田県で大量の原油試掘に成功..
at 2012-10-04 19:48
日銀が金融緩和しても給料上が..
at 2012-10-02 10:19
サラリーマンの去年の平均年収..
at 2012-09-28 01:50
ラーメンにハマった、帰国して..
at 2012-09-27 05:34
NHKが「受信料支払率」都道..
at 2012-09-26 08:58
日本の技術すげえええええええ..
at 2012-09-25 04:30
米軍ベトナム謀略ビラ「私たち..
at 2012-09-24 02:16
維新、橋下代表に「拒否権」付..
at 2012-09-23 18:08
キリストのフレスコ画を修復し..
at 2012-09-22 01:48
中国市場がリーマンショック状..
at 2012-09-21 08:59
米HGST、ヘリウムガスを充..
at 2012-09-20 14:50
愛犬、そして父を助けようとし..
at 2012-09-19 01:57
【外食】マック(マクドナルド..
at 2012-09-18 02:21
中国でサムスンが日本企業と間..
at 2012-09-17 18:10
【自動車】北米向けホンダ「ア..
at 2012-09-16 09:54
アップル、薄くカラフルになっ..
at 2012-09-16 09:41
【対談】三橋貴明×飯田泰之 ..
at 2012-09-16 09:31
元ブラジル代表で世界最高のス..
at 2012-09-16 09:17
【速報】遺憾の意ついに発動キ..
at 2012-09-16 09:05
【モバイル】au、男性でも使..
at 2012-09-15 01:09

画像一覧